住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金

更新日:2022年01月26日

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中で、様々な困難に直面した方々が、速やかに生活・暮らしの支援を受けられるよう、住民税非課税世帯等に対して、1世帯当たり10万円の現金を給付することとなりました。
 

1.支給対象世帯

(1)  住民税非課税世帯

基準日(令和3年12月10日)において産山村に住民票があり、

世帯全員の令和3年度分の住民税均等割が非課税である世帯

※住民税が課税されている方の扶養親族等である世帯は対象となりません。
 

(2)  家計急変世帯

(1)のほか、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、家計が急変し

(1)の世帯と同様の事情にあると認められる世帯
 

2.給付金額

1世帯当たり10万円(現金)

※原則として世帯主名義の口座に振り込みます。
 

3.申請方法及び給付時期について

村から対象世帯宛に「確認書」を発送します(2月初旬から順次発送予定です。)届きましたら振込口座等を確認し、「確認書」を役場にご返送頂くことで給付されます。給付時期は確認書を受理した日から10日前後を目安に順次支給します。

※家計急変世帯は、別途申請書による申請手続きが必要です。
 

4.制度についての問い合わせ

内閣府コールセンター 0120-526-145

受付時間:午前9時から午後8時(土曜、日曜、祝日を含む)
 

この記事に関するお問い合わせ先

住民課
電話番号:0967-25-2212
お問い合わせフォーム​​​​​​​