産山村人材育成事業

更新日:2021年11月30日

社会情勢の変化に対応し、地域の発展に貢献する人材(団体)を育てるために、人材育成に関する事業に対して、その一部を助成します。
 

対象事業


1.後継者となるための技術習得を目的とした養成講座・研修への参加

2.地域づくりのための調査・研究

3.体験学習や地域活動の実践・相互交流、地域産業の振興等のための視察研修
 

助成対象費


(1) 受講料又は参加費

(2) 宿泊費

(3) 交通費

(4) 調査・研究のための経費

※宿泊費・交通費については、特に国内の場合は役場の旅費規定に準じた範囲内とするが、ヒゴタイ交流事業など村企画の事業については、この限りではありません。(ただし、日当は支給しません。)
 

補助額

「後継者となるための技術習得を目的とした養成講座・研修への参加」 「地域づくりのための調査・研究」事業で、事業主体の補助がある場合

 

  • 国内研修…補助金を含む50%以内(限度額15万円以内)
     
  • 海外研修…補助金を含む50%以内(限度額30万円以内)

    ※長期(1ヵ月以上)にわたる事業の場合は補助の有無に係わらず、自己負担の90%以内
     

「後継者となるための技術習得を目的とした養成講座・研修への参加」 「地域づくりのための調査・研究」事業で、事業補助がない場合

 

  • 国内研修…対象経費の50%以内(限度額15万円以内)
     
  • 海外研修…対象経費の50%以内(限度額30万円以内)

    ※長期(1ヵ月以上)にわたる事業の場合は補助の有無に係わらず、自己負担の90%以内
     

「体験学習や地域活動の実践・相互交流、地域産業の振興等のための視察研修」において独自に研修を行う場合

 

  • 国内研修…対象経費の50%以内(限度額15万円以内)
     
  • 海外研修…対象経費の50%以内(限度額30万円以内)

    ※長期(1ヵ月以上)にわたる事業の場合は補助の有無に係わらず、自己負担の90%以内
     

申請者数が10人以上のグループの場合

 

  • 国内研修…対象経費の50%以内(限度額15万円以内)
     
  • 海外研修…対象経費の50%以内(限度額30万円以内)

    ※ただし、事業主体の補助がある場合は、補助を含む50%以内とする。
     

その他

 

  • 「地域づくりのための調査及び研究事業」で、地域づくり・地域振興を実践する団体として委員会が認める場合は、予算の範囲内において、助成金を交付する。
     
  • ヒゴタイ交流に関しては、村の推進事業であり、それに伴う産山学園の生徒の補助率は70%を定率とする。
     

申請方法


下記の書類を企画振興課まで提出ください。
 ※ 産山村人材育成選考委員会による審査があります。

(1) 人材育成事業補助金交付申請書(Wordファイル:48KB)

(2) 研修等への参加の決定を証明する書類

(3) 研修等実施主体が発行する研修費用の総額を証明する書類

(4) 調査・研修に要する経費の見積書

(5) その他村長が必要と認める書類
 

受付期間

申請書受付期間と事業を実施する期間

申請書受付期間

審査期間

事業実施期間

1月~3月末日

4月

4月~3月まで


※但し、産山村が企画する研修は下記のとおり

申請書受付期間と事業を実施する期間

申請書受付期間

審査期間

事業実施期間

3月~5月末日

6月

4月~3月まで

 

お問い合せ


補助金額や補助対象事業、申請方法などの詳細につきましては、役場企画振興課までお気軽にお問合せ下さい。

電話番号:0967-25-2211

 

この記事に関するお問い合わせ先

企画振興課
電話番号:0967-25-2211
お問い合わせフォーム