村長の部屋

産山村村長挨拶

村長 2017年11月に2期目として村長に就任しました市原正文(いちはら まさふみ)でございます。「夢、活力、優しさあふれる村づくり」を指針に掲げ、村民の方々の思いに寄り添いながら、持続可能な村を目指して引き続き挑戦を続けて参ります。

 2期目の公約である「若者が誇りを持てる村、みんなが明るく元気に働ける村、お年寄りが安心して自宅で最期まで暮らせる村」、そんな夢と活力、優しさにあふれた村を村民の方々と一緒になって考え創りあげていきます。公約の実現に向けて、多岐にわたる事業や取り組みをより加速させ、さらに充実させていく所存です。村民の皆様、並びに関係各位におかれましては、より一層のご指導、ご協力をいただけますよう、お願いいたします。

 産山村は人口1,500人ほどの小さな村で、熊本県で2番目に人口が少ない農山村です。熊本県の最北東部、阿蘇北外輪山と九重山麓が交わる標高450メートルから1,100メートルに至る高原地帯に位置し、広大な草原と谷あいの美しい里山風景が特徴的です。360度のパノラマが見渡せる草原に放牧する畜産、湧水を使用した米栽培、冷涼な気候条件を利用した野菜栽培やクヌギ林での原木椎茸栽培など、高原ならではの自然環境を活かして生業とする里山の暮らしを代々続けています。

 本村の当公式サイトでは、行政の各種情報をはじめ、観光や移住定住等に関する情報も発信しております。さらに一歩踏み込んで、村の魅力を知りたいという方は、ぜひ産山村ぽーたるサイトをご覧ください。産山村のプロモーションビデオに加えて、村のイベントや観光スポットといったコンテンツをビジュアル的に紹介しております、また、FacebookTwitterInstagramなどのSNSを通して産山村の最新情報や四季折々の景色等を随時アップしておりますので、フォローしていただけますと幸いです。

 産山村には信号もコンビニもありません。「小さくとも楽しく、健やかに」をモットーに清冽な湧水で知られる水源、村花ヒゴタイに代表される山野草、満天の星空、郷土料理等、産山村が本来持っている宝を楽しみながら、里山での暮らしを営んでいる村です。

 当サイトを通して産山村にご興味を持っていただけましたら、ぜひとも実際に村へ足をお運びください。多くの方々のお越しを心よりお待ち申し上げます。

 

 産山村長   市原 正文

 

DSC00709