産山村の概要

村の位置

産山村は、九州のほぼ中央部にあたり、世界一の複式火山(カルデラ)である阿蘇山や、九州の屋根といわれる九重火山群及び祖母山に囲まれています。

標高約500mから1047mの高原地帯に属し阿蘇外輪山と九重山麓が交わる波状高原と、その侵食された急傾斜部分から構成された高原型純農山村です。
村域は、東西6km、南北10kmで総面積60.81平方キロメートル、その82.7%を山林と原野(改良草地を含む)が占めています。

産山村は熊本県の最北東端で大分県との県境に位置し、東・南部を大分県竹田市、北西部を阿蘇郡南小国町、西・南部を阿蘇市にそれぞれ接しています。

また、久住・阿蘇・祖母の三山を一望できることから、徳富蘇峰(明治の文豪)が、一覧三山台と称したほど、景観に恵まれた地でもあります。
産山村を大きく分類すると、久住山麓に拓けた牧野地帯、それより源を発する数条の河川によって開けた谷部の水田地帯、そして平均標高600mの火山灰土に覆われた畑作台地に分けられます。

東西・・・・・6km
南北・・・・・10km
標高・・・・・480m~1050m
面積・・・・・60.82k㎡

役場の位置

熊本市から北東約65km、阿蘇郡市の行政中心地阿蘇市から東16kmにあり、産山村役場所在地は東経131度13分、北緯32度59分を示し、標高599.26mです。

熊本市までは車で1時間30分、豊肥本線宮地駅まで車で30分の時間距離です。
北方にやまなみハイウェイ(九州横断別府阿蘇道路)、南方に国道57号線が走り、村の中心から放射状に県道・村道がこの主要道路に接続しています。

標高・・・・・599.26m
経緯・・・・・東経130°13′10″  北緯・・・・・32°59′30″
住所・・・・・熊本県阿蘇郡産山村大字山鹿488-3番地

村の概要

阿蘇五岳を正面に見ることのできる産山村には、環境省指定名水の一つ「池山水源」(昭和60年指定)があり、更には熊本名水百選である「山吹水源」や、広大な原野など自然景観にも恵まれており、山野には珍しい植物も多く自生している。

中でも高原の花「ヒゴタイ」は、日本列島が大陸と陸つづきだった事を証明する遺存植物として、今では環境省も絶滅危惧種に指定しているほどの希少性が有り、村内に多く自生していたことから、昭和61年度より自然回帰運動「ヒゴタイの里づくり」という村おこしに取り組んで来た。
これら一連の施設は体験と交流を促進し、民宿など 宿泊施設等とも連繋し「グリーン・ツーリズム」として村の観光振興に寄与している。