産山学園の東龍次郎教諭が「ICT夢コンテスト」で優良賞を受賞しました

 産山学園の技術科教諭東龍次郎先生がこの度、一般社団法人日本教育情報化振興会(JAPET& CEC)主催の「ICT夢コンテスト」に「100Ⅴ家電をArduinoで計測・制御する授業の実践 」という授業実践例を応募したところ、見事優良賞に選ばれました。(全国から32名選出)

 2月28日(金)~29日(土) に東京の国立オリンピック記念青少年総合センターで「2020年からのICT教育実践を考える」というテーマ で開催される「2019年度教育の情報化推進フォーラム 」の中で表彰と実践発表が行われます。内容は、新教育課程で始まるプログラミング教育と、それを活用して将来は産山の畜産や農業に生かしたいというもので、産山で実際にICTを畜産に活用している生産者の方に授業を参観してもらい、その後、産山の農業の未来について意見交換を行っています。

 今回の受賞も、産山学園の先生方の地域に根ざした日頃からのたゆまぬ教育実践の成果だと思います。おめでとうございます。

  

   授業実践例: 100Ⅴ家電をArduinoで計測・制御する授業の実践

  • 教育委員会
  • 0967-25-2214