早春の星空観察会

今回のメインは、この星を見たら長生きするといわれているカノープス(古代の中国では寿老人、南極老人星と呼ばれた)と、1等星が形づくる冬の大三角と六角形を織りなす冬のダイヤモンドです。

冬は凍り付くような寒さですが、その分空気が澄み渡り、カノープス(南極老人星)を含めると1等星が8個もあり、四季の中では最も素晴らしい星空です。オリオン座のベテルギウス、全天で一番明るいおおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオンがつくる冬の大三角、ぎょしや座のカペラ、ふたご座のポルックス、こいぬ座のプロキオン、おおいぬ座のシリウス、オリオン座のリゲル、おうし座のアルデバランがつくる六角の冬のダイヤモンドが夜空に輝きます。

     早春の星空観察会

      期  日:  平成30年2月16日(金)

      時  間:  午後7時~10時

      場  所:  ファームビレッジ産山 うぶやま天文台

  料  金:  大人(高校生以上)300円

         小中学生     200円

        (村内参加者は無料)

  申し込み先  産山村教育委員会(電話 0967-25-2214)

  観察対象:     冬の星座、冬のダイヤモンド、冬の大三角

          カノープス(南極老人星)                         

                          M42 オリオン星雲(オリオン座)

                                   

       持ってくるもの    防寒着、星座早見盤(お持ちでない方は当日配布)、懐中電灯

  ※ 雨天、曇天時は19日(月)に延期して行います。

  • 教育委員会
  • 0967-25-2214